サーバー

XServerを無料で借りてみよう!

XSERVERを無料で借りてみよう!
この記事ではXserverのアカウントを持っていない人やXServerでサーバレンタルをしたことがない人のために、XServerでのサーバーのレンタルの仕方について書いていきます。

XServer(エックスサーバー)について

エックスサーバーは国内シェア、サーバー速度No.1のレンタルサーバー会社です。比較的長い間サーバーレンタルの運営をおこなってきたため安定性が高くオプションの幅も広いです。詳しくは、下の記事を参照してください。初回は10日間無料で借りることができるので、まずはその無料プランでのサーバーレンタルの方法について説明していきます。
レンタルサーバー3社比較
【初心者の方必見!】おすすめレンタルサーバー3社(XServer、ロリポップ、さくらサーバー)の比較ホームページを作成したいけど、どこのレンタルサーバーを借りるのが良いか分からない人のために大手レンタルサーバー3社(XServer、ロリポップ、さくらサーバー)を比較しました。...

XServer申し込み手順

1.まず、エックスサーバーの公式サイトにアクセスします。すると下の画像のような画面が表示されるので「お申し込みはこちら」をクリックします。


2.次にXServerのアカウントを持っていない人は初めてご利用のお客様の欄にある「10日間無料お試し 新規お申し込み」のボタンをクリックします。


3.サーバーIDはサーバー契約後変更することができないので、「自分で決める」をクリックし、サーバーIDを入力しましょう。サーバーIDは初期ドメインやXServerのログインIDと使用されるので他人に推測されやすいものは避けましょう。


サーバーIDを設定したらプランを決定し、WordPressのクイックスタートにチェックを入れずにXSereverのアカウント登録へ進みましょう。チェックを入れると10日間のお試しができないので注意が必要です。


4.次にお客様情報入力画面に名前や住所などの情報を入力していきましょう。情報を入力したら、「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意するにチェックをいれ「次へ進む」をクリックしましょう。

5.登録したメールアドレス宛てにXServerから認証コードが届いているので、そのコードを認証コード入力欄に入力しましょう。認証コードを入力したら「次へ進む」クリックしましょう。


6.契約内容の確認画面に移るので内容を確認し、間違いが無ければ次へ進むをクリック。間違いがある場合は「XServerアカウント登録の入力画面に戻る」クリック。


7.SMSまたは自動音声通話による音声認証を行うためにまずは電話番号を入力します。日本に住んでいない方は国の変更も忘れないようにしましょう。

次に認証コードの取得方法を決定します。SMSが利用できる場合はテキストメッセージで取得するのがおすすめです。設定ができたら「認証コードを取得する」をクリックしましょう。


8.認証コードを受け取ったら、入力欄にコードを入力していきましょう。入力し終えたら「認証して申し込みを完了する」をクリックしましょう。
認証コードが分からなくなったら「認証コードを再取得する」を押し,再度送られてきた認証コードを入力しましょう。


9.次のような画面になり、登録したメールアドレスに「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールが届いていたら申し込み完了です。

サーバーをレンタルしたらやるべきこと

申し込みはうまくできたでしょうか?これで10日間無料でサーバーを使用する事ができます。無料期間後も使用したいという人は有料のプランを申し込むことで継続してサーバーを利用することができます。

サーバーを借りたけどブログを書くために何をすれば良いのか分からない人は下の記事もぜひ読んでみて下さい。

XServerでWordPressをインストール
XServerでWordPressをインストールこの記事はXServerでのWordPressのインストール方法を解説する記事です。XServerでサーバーを借りていない人は記事:XServerを無料で借りてみよう!を読んでXServerを借りてから見ることをお勧めします。...